ドルオタちょあよ

ドルオタ美大生のちょあちょあ日記

2018年のブログの振り返り

 

 

 

こんにちは〜

 

今回はこのブログ「ドルオタちょあよ」の、2018年の振り返りをご報告したいと思います〜

 

 

その1:アンチコメが来るようになった

 

説明不要。でもまだ全然少ない方だと思いますね。

 

 

その2:収益化スタート

 

グーグルアドセンスに受かったにも関わらず、広告を貼り付けるのをすっかり忘れていました。8月頃から広告をペタペタ貼り付けております。

 

稼いだお金でfromis_9のジソン様に会いに行こうと、そしてレポでも書こうとワクワクしているのですが、なかなかタイミングが合わなくて会えていません。

 

地方民なのでKPOPアイドルに会うのはハードルが高いです。fromisが日本に来る?!すぐ予約しなきゃ!チケットポチー が簡単にできないから…

 

ハロプロだったらすぐ会えるのになぁ

 

 

今年一番のびた記事は竹内美宥の記事

 

今年一番印象に残ったのはこの記事。

 


PRODUCE48の人気の高さを思い知りました。未だにコメントが来るし、ツイッターでも共有してくださる方がいます。ありがたいことです!

 

結構テキトーに書いた記事だったので、ツイッターでじわじわ拡散され始めたときに、慌てて大幅に加筆修正した記憶がありますね。

 

8月に書いたのですが、今読んでみると言葉の選び方が超乱暴!よく炎上しなかったなと思います。竹内美宥ちゃんのファンからしたらかなり傷つく記事でしょう。美宥ちゃんファンからすればショックだし、アンチからすれば調子に乗らせるような記事だったのかなーとコメント欄を見て考えてしまいます。まぁ書き方に問題があるのですが…

 

意外にもAKBファンの方からは、納得のお言葉を多くいただきました。そして美宥ちゃんの欠点を認めつつそれでも応援したいんだ、と熱意あるコメントやリプがたくさん届きました。ファンの鑑です!

 

逆にプデュから美宥ちゃんのファンになった方は、結構お怒りの意見が多かったですね。古参ほど共感され、新規ほど激しく非難されたなーというのが私の感想です。

 

いただいたコメントから知ったのですが、美宥ちゃんはAKBの9期メンバーらしく、ぱるると同期なんですね…知らなかったです。というか、ぱるると同期で本人がまだ女子大生ってことは美宥ちゃんはかなり若くしてAKBに加入したんじゃ…結構なキャリアですよね。

 

だからあんなに信仰的なファンがいるのか。一部でそういう方がいると、タレントのイメージにも関わるので大変だと思いました。優しいAKBファンがいる一方で、盲目的に美宥ちゃんを応援し、美宥ちゃんの言動にマイナスイメージを持った方にいちいち「そんなことないよ!」とリプを飛ばすウザいファンもいたので、ファンの性質ってそれぞれで全然違うんだなーと思いました。美宥ちゃんはその傾向が特に顕著な気が…

 

タレントの長所ばかりを見て、欠点をみない。そしてマイナスコメントをした第三者に対して長所を押し付けてきたら困惑します。美宥ちゃんの一部ファンを見ていると、タレント本人のせいではなく、ファンのせいでアンチになることもあるのではないかな〜と思ってしまいました。

 

   

 

ギュリの記事

 

 


こちらもPRODUCE48関連の記事。fromis_9ではもっぱらジソンやナギョンのことを見ているので、正直ギュリの人気を侮っていました。ごめんな…

 

最新曲の「LOVE BOMB」ではとっても楽しそうなので、プデュで相当疲れていたんだろうなーと思いました。fromisの中ではギュリの歌声が一番好きなので、戻ってきてくれて嬉しい。

 

正直、「Peek a Boo」のミスをあんなに派手に公開する必要性があったとは思えません。というか、ギュリは完全に番組の話題性人員だったように感じます。

 

今だからこういうこと言えるんですけどね。何だか気の毒です。

 

 

ナギョンの人気が高いか、KPOP美容記事の需要が高いか

 

今年fromis_9が「DKDK」でカムバをしましたが、この曲から急にナギョンの待遇が良くなったな〜と感じて書きました。確かにグループで一番かわいいもんね。

 

ツイッターを見ていると、KPOPファンは美意識が高い人が多いと感じます。肌管理とかダイエットとか、すごく真面目。

 

芸能人じゃないのにそこまで意識保てないよ…と思うようなことを本当に実行しているので、KPOPの影響力ハンパないです。KPOP垢と美垢を兼用している方もよく見かけるし…

 

そのためかKPOPアイドルの美の秘訣、みたいな内容の記事はよく伸びます。一番伸びるのは記事数が多いジソンの記事なんですが。対してナギョンの記事はあまり数ないんですが、ジソンに負けないくらいアクセスされています。ナギョンすげぇ…

 

 

意外にも伸びた記事 

 

コメントが来たり拡散されたりなどの反響はなかったですが、何故かそこそこ読まれています。結構頑張って書いた記事なので嬉しい…!普段はアイドル記事メインで描いていますが、ブログ主個人の話は伸びるんだろうかと実験的に書いてみました。

 

このブログ、2018年に入ってから読者の男女比が逆転していて、今は4分の3ぐらいは女性に読まれています。女性アイドルが好きな女性は「美人」というワードに敏感だし、どちらが主導権を握っているか、ということは人間関係で一度は意識することです。相手への関心が薄い方が主導権を握るというのは人間関係の鉄則ですね。

 

この記事に共感してくださる方がいるということは、世の中の女性が美しさという武器、愛されるという武器にどれだけコンプレックスを感じているかの証明です。私自身もそうなので…

 

この記事が伸びたのは、若い女性のコンプレックスに触れる内容だったからではないかと思っています。

 

 

以上!!!

来年もよろしくお願いします。